スポンサードリンク

仮想通貨に投資するに当たって、まずは代表格であるビットコイン(bitcoin)に投資することから始めていきたいところです。

ところで、
ビットコイン(bitcoin)って何? 仮想通貨と通常の紙幣何が違うの??

なんて思ったりしたこともありますね。

簡単に説明していきたいと思います。

ビットコインと仮想通貨とは

ビットコイン(bitcoin)を簡単に言いますと、電子的な通貨です。

通貨と表現しましたように、電子的なデータが価値を持ったものになっています。

余計にわかりにくい表現になってしまったような気もしますけど、ビットコイン(bitcoin)は、電子的なデータだけども、お金と同じように価値を持ったものだと思っておいて問題はなさそうです。

実際には、ビットコイン(bitcoin)は、発行上限が2100万BTCと決められているため、金のような希少価値があると言われています。それゆえに、多くの人が価値があると信じているから、ビットコインにはお金と同等の価値があります。

逆を言えば、多くの人がビットコイン(bitcoin)の価値を信じられなくなったら、通貨としての価値はなくなってしまうため、ビットコインの価値をいかに守るかという点に、工夫がなされています。

ビットコインの仕組み

ビットコイン(bitcoin)と日本円などの紙幣との最大の違いは、

国や企業が管理していない通貨

というところです。

よく考えれば、管理されていない通貨なんかをよくみんな信頼するなあって思ったりします。
誰もリスクを管理していないということですからね。

そこは、ビットコイン(bitcoin)の仕組みがうまく考えられていて、『コンピュータネットワークを利用してビットコインを管理する仕組み』が構築されています。

取引情報やビットコインの発行情報は、取引履歴としてネットワーク上にすべて保存されます。
記録の不整合もマイニングを利用して、常に管理されています。

マイニングって何?

ビットコインの整合性を確認する作業のことです。
一定期間周期に、すべての取引記録を取引台帳に追記されたビットコインの情報と、追記期間に発生した取引情報の整合性をネットワーク上のコンピュータの力を借りて計算する仕組みが存在します。

このマイニング作業に力を貸すことによって、その報酬としてビットコインが新たに支払われる仕組みとなっています。

ビットコインのマイニングは、個人でも可能ですが、かなりのマシンスペックが必要ですし、同時に電気代もかなりかかります。
日本でマイニングを行なうと電気代が高いため、あまり利益がでないそうです。

ビットコインのマイニングが中国で盛んなのは、電気代が安いからと言われています。

ビットコインの市場規模

ビットコイン(bitcoin)を始めとする仮想通貨の市場規模は、2017年時点で、6兆とも10兆円とも言われています。まだまだ拡大中なので、すぐに100兆円規模にもなるかもしれませんね。

100兆円規模と言っても、いまいちピンときません。

仮想通貨市場に対して、100兆円は多いのか?少ないのか?
判断の仕方によって、現在のビットコインが市場バブルかバブルではないのかの意見が分かれているのが現状だと思います。

私は、まだまだ、仮想通貨市場は、これからだと思っています。
お金のやり取りの概念が変わる瞬間に立ち会っているので、未来予測は難しいのでしょうけど、恐れずに無理のない投資を心がけておくことが大切です。

電子マネーが普及する前までは、カードをかざすとお金が減るなんて怪しい感じがしたのを覚えています。

そう考えると、仮想通貨も振り返れば、当たり前になっていく気がしてきますよね。