スポンサードリンク

仮想通貨のICO案件を調べていますと、数多くのイーサリアムベースでトークンが作られていることがわかります。

 

新たにICOトークンセールで購入するときに、イーサリアムで送金、受け取りを要求されることが多いので、イーサリアムのウォレットを作成することにしました。

 

私が今回選んだウォレットは、

 

MyEtherWallet

 

というイーサリアムウォレットです。

 

イーサリアムウォレット『MyEtherWallet』とは?

イーサリアムウォレット『MyEtherWallet』は、仮想通貨イーサリアムを管理するWEBウォレットです。

 

私的には、イーサリアムを受け取りができれば、どんなウォレットでもいいかとおもったのですが、MyEtherWalletは、WEB上で管理されているため使いやすく、さらに日本語対応しているのが大きな特徴です。

 

やはり、日本語だと安心感がでますからね。

私は、日本語対応しているWEBウォレットということで、このMyEtherWalletを利用することにしました。

 

イーサリアムウォレット『MyEtherWallet』アカウント登録

このMyEtherWalletの使い方は、簡単です。

でも1回も行ったことがない方にとっては、不安化かと思いますので、いかに説明していきます。

 

MyEtherWalletはWEB上で操作しますので、以下のリンクをクリックします。
MyEtherWallet公式サイト

 

リンク先をクリックすると、ダイアログがでてきて、いろいろ質問されます。
これは、ハッキング対策の一つで、自動攻撃対策で割としつこく質問をされます。

 

MyEtherWalletを開くと、左上に言語を切り替えることができるドロップダウンリストがありますので、そこで日本語を選択にすると、日本語対応になります。

 

まず、パスワードを決めて、『お財布の作成』ボタンをクリックすると、秘密鍵と呼ばれるファイルを生成するように促されます。

 

 

ここで生成した秘密鍵はなくさないように大切に保管してください。

 

これだけでMyEtherWalletを使用する準備は完了です。

 

イーサリアムウォレット『MyEtherWallet』の使い方

続いてMyEtherWalletの使い方ですが、右上にある、『お財布情報を見る』をクリックすると、イーサリアムウォレットの中を確認することができます。

 

『お財布情報を見る』クリック後、どの方法でお財布を操作しますか?では、『Keystore / JSON File』を選択。

ファイル選択ボタンが現れるので、そこで先ほど作成した秘密鍵のファイルを選択します。

 

 

入力要求されるパスワードに、お財布生成時に考えたパスワードを入力して、『アンロックボタン』をクリックすると、イーサリアムウォレットの中身を見ることが出来ます。

 

 

中身を開くと、以下の画面のように、預入しているイーサリアムウォレット内のコイン残高などを確認することができます。

 

自分のアドレスと記載された部分に、トークンを入金する場合に指定する自分のイーサリアムウォレットアドレスとなります。

 

MyEtherWalletは、日本語で利用できるので、直観的に操作可能です。

これからICOトークンセールに応募する場合、イーサリアムウォレットを利用する機会は多いかと思いますので、一つは、イーサリアムウォレットを作成しておくことをオススメします。