スポンサードリンク

仮想通貨の売買が盛んにおこなわれるようになってきました。

 

まだまだ投資目的の人が多いと思いますが、もっと実際の店舗で取引されるようになってくると、一段と盛り上がりますね。

 

ビットコインやイーサリアムを売買していると、気になるのは手数料。

仮想通貨の手数料にはどういったものがあるのか調べてみました。

 

仮想通貨の手数料にはいろいろな種類が存在

ビットコインだけではなくイーサリアムなどのアルトコインを取り扱うためには、仮想通貨取引所を利用する必要があります。

有名なところでは、ビットフライヤー(bitFlyer)コインチェック(coincheck)が有名ですね。

 

仮想通貨取引所を利用すると、さまざまな手数料がかります。
この手数料がいくらかかるのかというポイントが投資目的の場合、非常に気になるところ。

 

取引所が手数料としてお金を取る種類には、主に、

  • 仮想通貨の売買手数料
  • 取引所に入金する入金手数料
  • 取引所口座を維持する口座維持手数料
  • 取引所から出金する出金手数料
  • 仮想通貨から法定通貨(円やドル)に替える両替手数料

 

が挙げられます。

 

これらの手数料が安い取引所のほうが、手元に利益が残りやすいので、仮想通貨取引所を選ぶ際のポイントの一つと言えそうです。

 

仮想通貨を取引するのに必要な手数料

主に取引所で仮想通貨を売買するのに必要な手数料となります。

投資目的の場合、一番気になる手数料となりますね。
頻繁に取引するほど手数料がかかりますので。

 

売買手数料には、メイカーテイカーと呼ばれる2種類存在します。

メイカー手数料は、指示した金額で売買する板に並べるための手数料で、テイカー手数料は、指示されている板から売買を成立させるための手数料です。

 

株式取引をされている方なら、わかりやすい表現に変えると、メイカーは指値注文で、テイカーは、成行注文のことをいいます。

 

仮想通貨を送金するのに必要な手数料

ビットコインやそのほかのアルトコインをほかの取引所や、ウォレットに移動させるときに必要な手数料です。

日本円を取引所に入金するときや、銀行口座に出金するときも手数料を取られたりします。

 

ほとんどの取引所は、入金する場合は、手数料が無料ですが、出金する場合は、手数料がとられることがほとんどです。

 

仮想通貨を両替するのに必要な手数料

主に仮想通貨の販売所として機能している取引所で、買値と売値が違ったりします。

 

この差額が手数料となりますが、あまり意識したりしないかもしれません。

 

ただ、アルトコインの売買は、板注文を行なえることがほとんどないため、この両替手数料がかなり割高に感じることになります。はやく、ほかのアルトコインもビットコインのように流動性が出てくれば、板注文に対応した取引所が出てくると思われますので、期待したいところですね。

 

仮想通貨取引所口座維持に必要な手数料

取引所アカウント作成後、ビットコインなどの仮想通貨を預けることになります。
一部のネット銀行や、大手の株式口座などでは、口座維持手数料を取っている会社も存在します。

 

ただ、仮想通貨の取引所では、いまのところほとんどの仮想通貨取引所が、口座維持手数料は無料となっています。

 

もっともっと取引所が増えてきて、特殊なことをする取引所が開設されると、中には口座維持手数料を取ってくる取引所もでてくるかもしれません。

 

ビットコインを取引するのに必要な手数料を比較

ビットコインを取引にかかる手数料を、取引所ごとにまとめてみました。
比較しやすいように、ビットコインの現物取引にかかる手数料を比較しています。

 

ビットコイン売買手数料を比較

まずはビットコインの売買手数料を比較してみます。

 

取引所 メイカー テイカー
blitFlyer 0.01~0.15% 0.01~0.15%
coincheck 無料 無料
QUOINEX
無料 無料
Zaif -0.05% -0.01%
bitbank 無料 無料
FISCO 無料
GMOコイン
無料 無料
BITPOINT 無料 無料

 

 

ビットコインの取引は競争が激しいので、手数料が無料が多いですね。
ただ、ビットフライヤー(bitflyer)は手数料がかかってしまいます。

 

気を付けないといけないのが、アルトコイン。ビットコインの売買手数料が無料だからといって、アルトコインも手数料が無料とは限りません。

 

ザイフ(Zaif)は、ビットコインの取引で、マイナスの手数料を導入しています。

 

マイナスの手数料ということは、少し負担してくれるということ。
少しの割合とはいえ、すごい試みですね♪

 

ビットコイン入出金手数料を比較

続いてビットコインの入金・出金手数料を比較してみます。
日本円を取引所に入金するときは、代表的な取引所はすべて無料でした。
(ただし、振込手数料は各振込元銀行ごとにかかります。)

 

ビットコインのまま出金するときと、日本円を出金するときの手数料をまとめてみました。

 

取引所 日本円 ビットコイン
blitFlyer 756円 0.001BTC
coincheck 400円 0.0005BTC
QUOINEX
あり 無料
Zaif 756円 0.0001BTC以上選択可
bitbank 756円 0.001BTC
FISCO 756円 0.0002BTC
GMOコイン
無料 無料
BITPOINT あり 無料

 

 

出金手数料に関しては、GMOコインが日本円でもビットコインでも無料となっていてかなりお得ですね。日本円の出金に関して、そのほかの取引所は、銀行口座に振込手数料がとられるイメージです。

ビットコインの出金手数料にもばらつきがありますが、ここでもビットフライヤー(bitFlyer)はやや高い印象です。

ザイフ(Zaif)フィスコ(FISCO)のビットコイン出金tr数量は、自分で選択できます。選択した金額により、送金する時間が遅かったり速かったりします。

 

仮想通貨手数料が最安値の取引所は!?

各取引所の仮想通貨にかかわる手数料を比較してみますと、売買手数料に関しては、ザイフ(Zaif)が一番優秀ですね♪

ザイフ(Zaif)は、出金手数料に関しても、ほかの取引所よりも比較的安いですし。

 

ザイフ(Zaif)は、仮想通貨取引に関して、最先端な試みを行っています。
売買手数料に関しては、マイナス金利ならぬマイナス手数料で勝負していますし。
Zaifトークンを発行したり、COMSAを取り扱ったりと、いろいろチャレンジしてくれるので今後も楽しみですね。

 

ザイフ(Zaif)の公式サイトはこちら