スポンサードリンク

仮想通貨投資を行なっていますと、日本の取引所で扱いのないアルトコインに興味が出始めます。

 

私もそうです。

 

海外の取引所だと、情報も少なく、どの取引所にしたらよいか迷ってしまいますよね。

日本語で書かれていない公式サイトだと不安にもなります。

 

私自身、アルトコイン投資には興味がありましたが、なかなか海外の仮想通貨取引所を開設する一歩が踏み出せずにいました。

 

でも、実際に開設してみると、簡単にアカウント作成できたし、いくつか海外取引所を紹介したいと思います♪

 

海外仮想通貨取引所で取引するメリット

日本の仮想通貨取引所では、金融庁の許可が出たアルトコインしか取扱いがなかったりします

 

日本の中でアルトコインの取扱いが多い仮想通貨取引所は、コインチェックです。 そのコインチェックでもアルトコインの取扱い種類は13種類。(2017年12月時点)

 

ある程度信頼があるアルトコインしか日本の取引所では購入することができません。 ある程度信頼のアルトコインである基準には時価総額もあります。
時価総額が伴っていない間は、日本では購入できないということです。

 

アルトコインの魅力の一つに、将来性があります。

将来10倍、100倍になるコインを先に購入しておきたい!

 

と考えたときに、日本の取引所では扱いのないアルトコインのほうが魅力的です。

それに、日本の取引所で取扱いされるタイミングで価格も上昇しますし、先回りしたいと考えたりもします♪

 

宝くじを購入する感覚でアルトコインに投資するのも楽しみ方の一つです。

 

イーサリアムやライトコインの値上がりをみると、夢がありますね。

 

海外取引所の定番 ビットレックス(BITIREX)

仮想通貨取引所といえば、ポロニエックス(Poloniex)ビットレックス(BITIREX)かというほど有名ですね。

 

売買手数料は、ポロニエックス(Poloniex)ビットレックス(BITIREX)も同じで0.25%かかります。

 

取扱いアルトコイン数は、、ポロニエックス(Poloniex)の方が多いのですが、ビットレックス(BITIREX)も、200種類以上取扱いがあります

 

では私が、ポロニエックス(Poloniex)ではなく、ビットレックス(BITIREX)のほうをオススメする理由はと言いますと、

 

ポロニエックス(Poloniex)のほうは、破綻の噂がありました。

 

悪い噂の無い、ビットレックス(BITIREX)の方が安心かなと考えました。

 

現在は、ポロニエックス(Poloniex)も破綻の噂もなくなり問題なく取引できるかとおもいますが、やはり海外取引所ですと、情報が入りにくいため、より安全性が高い、ビットレックス(BITIREX)のほうをオススメしています。

 

あと、ビットレックス(BITIREX)のほうが、問い合わせ対応が丁寧だと聞きます。
アカウントロックしてしまった友人がいますが、日本人でもメールでやり取りを丁寧に対応してくれたようです。
(でも英語でのやり取りでした。)

 

なにかあった時のサービス性は、なかなか見えてこないため、身近で実績のあるビットレックス(BITIREX)を選びました。

 

ビットレックス(BITIREX)取引所口座開設方法は以下の記事を参考にしてください。

 

日本語対応海外取引所 バイナンス(BINANCE)

 

2017年9月に、海外取引所なのに、日本語対応が行われました。
香港の取引所で、世界でも5~10位につけている大手の仮想通貨取引所です。

 

売買手数料が、ビットレックス(BITIREX)が0.25%なのに対して、バイナンス(BINANCE)は、0.1%と手数料がなり安くなっています

 

取扱いアルトコイン数も、2017円12月時点で、約80種類と徐々に増えてきています。
人気のアルトコイン、エイダオミセゴーなんかも取扱いがあるのが魅力です。

 

バイナンス(BINANCE)取引所をオススメする最大の理由が、ビットコインのハードフォーク対応が素早いというところが挙げられます。

 

日本の取引所では、いまだにビットコインゴールドの取扱いはありませんが、バイナンス(BINANCE)では分裂後すぐに取引が可能になりましたし、今後発生するビットコインから分裂したコインも積極的に取扱いを行なうようです。

 

私もビットコインのハードフォークに備えてバイナンス(BINANCE)取引所アカウントを作成しました。

 

今後起こるビットコインのハードフォークに備えて、保有しているビットコインは、バイナンス(BINANCE)取引所に移動させておいた方がお得ですね。

 

↓↓バイナンス(BINANCE)の公式サイトはこちら↓↓

 

 

 

バイナンス(BINANCE)取引所のアカウント作成は、日本語対応ですので、あまり迷うことはなかったです。

 

バイナンス(BINANCE)取引所アカウント作成方法は以下の記事を参考にしてください。

 

新規取引所 ビットプラス(BITPLUS)も日本語対応

 

海外の取引所で日本語対応される予定の取引所がもう一つあります。
ビットプラス(BITPLUS)取引所です。

 

ビットプラス(BITPLUS)は、2017年12月に取引所オープン予定でしたが、トランザクションチェックで現在オープンが遅れています。

 

手数料が安く抑えれれるのと、初回取扱いされるアルトコインにエイダも含まれています。

バイナンス(BINANCE)取引所も日本語対応されていますが、基本は、英語なので、少しおかしな日本語もあります。

 

ビットプラス(BITPLUS)は、日本人向けともいえるぐらい日本語対応されていますので安心感があります。

 

ビットプラス(BITPLUS)取引所は、現在、取引ユーザーを増やすため、紹介プログラムを展開中です。

 

 

まだ、オープンしていない取引所なので、情報が少ないです。
ビットプラス(BITPLUS)取引所の今後の発展に注目です。

 

 

 

海外仮想通貨取引所で扱われているアルトコインの注意事項

海外取引所で扱われているアルトコインは種類が豊富な分、よくわからないコインも多数存在しております。

 

資金を集めたのはいいけど、その後思うように開発が進んでいないアルトコインもたくさん存在しますし、最初から開発する気もない詐欺まがいなコインもあります。

 

海外取引所で扱われているアルトコインに投資する場合、日本のアルトコインよりもリスクが高いことを認識した上で投資を楽しみましょう♪