スポンサードリンク

日本初のICOで話題でしたコムサ(COMSA)のトークン配布・取引開始が2017年12月4日から開始されます。

 

私も初めて参加したICOで、ICOに興味を持つきっかけでもありましたので、少しでもいいので利益がでてほしいところです。

 

でもまあ、COMSAトークンはしばらく保有しておくつもりですけど。

 

今回は、おもしろそうなICO案件を見つけましたので、私も参加してみました。

その名は、

 

PELOコイン(ペロコイン)

 

です。

 

PELOコイン(ペロコイン)とは?

PELOコイン(ペロコイン)のICOは、現在ホワイトペーパーを準備中段階なのですが、事前予約だけで4000万PELOに達する人気案件のようです。

 

PELOコイン(ペロコイン)の総発行枚数は、2億枚で、そのうち4,000万枚は、開発者が保有しています。

 

今回の打ち出しは、残りの1億6,000万枚となっておりました。

 

2017年11月末時点で残りが、5,000万枚ほどとなっております。

 

ホワイトペーパーがまだないのに、かなりの人気ですね。

 

PELOコイン(ペロコイン)のIOCO目的は、公式サイトのロードマップに記載されております。

 

↓↓PELOコイン(ペロコイン)公式サイトはこちら↓↓
PELOコイン公式サイト

 

PELO事業を通じて、ツールの開発や情報提供を行なうために資金を集めるということらしい。

 

内容は漠然としていますが、このツールの一つが、ビットコインFXの自動売買ツールとなっています。

すでに、運用テストが行われている状態ですので、近日中にベータ版が公開される予定です。

 

為替FXを行なっている方には、身近になっている自動売買ツールですが、ビットコインでは、まだまだです。
この自動売買ツールに興味があり、私はPELOコイン(ペロコイン)のICOに参加を決めました!

 

peloコイン(ペロコイン)ICOには特典あり

今回のPELOコイン(ペロコイン)のトークンセールには、特典があります。

 

100,000PELOコイン出資者には、PELOプロジェクト永久優待会員となり、bitFlyerやGMOコインで使用できる自動売買ツールの利用権がもらえます

 

ちなみに1PELOコイン=1円となっておりますので、10万円でこの自動売買ツールの利用権が永久に獲得できます。

 

10万以下の出資も可能のようですが、ツールの使用権が1ヵ月程度のようです。

 

その後の利用は、10,000PELOが必要ということらしいです。

 

どうせなら、永久利用できる100,000PELOコインを出資したほうがいいのではと思いますね。

ICO終了期間は?

このPELOコイン(ペロコイン)トークンセールはすでに実施中です。

終了日は2018年1月31日となっていますが、売り切れた場合は、その時点で終了してしまいます。

 

PELOコイン(ペロコイン)ICOの売り出しペースが速いため、2018年1月を待たずに終了していまいそうです。

 

>peloコイン(ペロコイン)ICO登録レビュー

PELOコイン(ペロコイン)のトークンセールに参加するには、公式サイトから会員登録が必要です。

 

↓↓PELOコイン(ペロコイン)公式サイト↓↓
PELOコイン公式サイト

 

[buy now]のボタンをクリックし、会員登録を行ってください。

 

PELOコイン(ペロコイン)トークンの購入には、ビットコインかイーサリアムが必要ですので、取引所で事前に購入しておきましょう!

 

>peloコイン(ペロコイン)まとめ

PELOコイン(ペロコイン)は、日本語サイトですので、日本人にとって扱いやすいICO案件です。

 

情報が少ないため、トークンセールで得た資金を開発者が持ち逃げするリスクがないわけではないか疑ったりもします。

 

でも、ビットコインFX自動売買ツール開発やPELOプロジェクトによる情報提供事業などは、わりと現実的な事業ですので、私は問題ないかと思って購入してみました。

 

出資額もそんなに多くないですしね♪

 

現実的な事業への出資ということで、仮想通貨の購入というよりは、クラウドファンディングのような出資の感覚に近いですね。

 

仮想通貨の普及のおかげで、これからは、一般人でも、新しい事業に出資できる機会が増えてきますね。