スポンサードリンク

2017年がビットコイン高騰の年なら、2018年は、アルトコインの年!

 

すでに、リップル、イーサリアム、ネム、エイダ、バージ、トロンといったアルトコインは、急騰しています♪

 

調整をはさみながらこの流れは、2018年の間、続くものと思われます。

 

でも、どの草コインでも高騰するといった状況は、あまり長くは続かないと思います。

そもそも実態の伴っていない草コインなんて無価値ですし。

 

数ある草コインの中から、高騰するアルトコインを探し出すのも大変な作業。

そんな中、見つけたアルトとコインは、

 

KCSトークン

 

と呼ばれるアルトコインです。

 

KCSトークンとは

KCSトークンは、クーコイン取引所の独自通貨、KuCoin Sharesトークンのことを指します。

バイナンスや日本のZaifと同じように、クーコイン取引所も独自トークンを発行しています。

 

2018年1月時点で、アルトコイン時価総額ランキングで、50位前後で推移しています。

 

クーコイン取引所の成長とともに、KCSトークンも上昇基調をたどっています。

以下が2018年1月時点のKCSトークンのチャートです。

 

 

ほぼ右肩上がりのチャートをしていますね!

2017年末から、価格が急騰しています。

クーコイン取引所の認知が上がり、KCSトークンに注目が集まりつつありますね!

 

KCSトークンの特徴

KCSトークンは仮想通貨取引所の独自トークンとして、配当型トークンです。

 

クーコイン取引所で得た取引手数料の50%をKCSトークン保有者に分配される仕組みとなっています。

 

また、クーコイン取引所の運営が、利益の10%を用いて、KCSトークンを買い取ります。
買い取ったKCSトークンは4半期ごとに、バーン(Burn)していくことになっています。

 

株式市場でいうところの自社株買いにあたるところでしょうかね。

 

継続的に運営がKCSトークン

 

買い取り⇒バーン⇒買い取り⇒バーン

 

を繰り返すことで、総発行数が少なくなり、1トークン当たりのKCSトークンの価値が上がり価格上昇につながります。

 

ちなみに、KCSトークンの総発行数は、クーコイン取引所オープン時は、2億枚となっており、そのうち1億枚は運営が保管しています。

 

KCSトークンの配当は魅力いっぱい!実践レビュー!?

KCSトークンの保有配当がどのように入ってくるのかわかりにくいですが、少しずつ入っています♪

 

クーコイン取引所の画面で確認すると、以下のように確認できます。

 

 

KCSトークン保有による配当は、毎日貰えるようですね♪

 

クーコイン取引所は日本語対応していますが、日本語訳が少し変です。
でもわかりやすい画面ですので、変な日本語訳でも画面操作が簡単です!

 

増えているのが毎日実感できて楽しいです♪

 

ちなみに配当利回り的には、そこまで多くありません。
(2018年1月時点で、年利にしたら0.3%ぐらい??)

 

クーコイン取引量が増えれば配当に回る金額も多くなります。

今後のクーコイン取引所の拡大に期待ですね。

 

KCSトークンを購入できる取引所は!?

KCSトークンを扱っている取引所は、

 

クーコイン(KuCoin)取引所

 

で取り扱われています。

 

クーコイン取引所は、2017年9月にオープンした新しい取引所です!
香港にある取引所で、第二のバイナンスとも呼ばれています。
取引高も世界ベスト10を目指すようなので、どんどん増えています♪

 

バイナンスやBITTREXのように新規アカウント登録停止にならないうちに、アカウント作成しておくことをオススメしています。