スポンサードリンク

ビットコインは相変わらず高騰していますね。

 

そのほかの仮想通貨もがんばってもらいたいです。

 

今回、面白そうなICO案件を発見しました。

 

REGAIN

 

というプロジェクトがICOトークンセールによる資金調達を行ないます。

 

日本語のホワイトペーパーもあり、内容がわかりやすいです♪

 

REGAIN(リゲイン)ICO概要

REGAIN(リゲイン)プロジェクトは、

 

『ビットコイン市場を安定化させることを目的』

 

としたプロジェクトです。

 

↓↓REGAIN(リゲイン)プロジェクト公式サイト↓↓
REGAIN(リゲイン)公式サイト

 

具体的に行うことは、マイニング事業です。

 

ビットコインのマイニング事業を取り巻く環境は、一部のマイニングプールによって支配的な状況にあり、その一部のマイニングプールが使用するマイニングマシンのほとんどはA社が独占的に販売しているそうです。

 

簡単にいえば、A社の意向次第で、ビットコインの今後が決まってしまう。という状態にあります。

 

これでは、もともとの仮想通貨の思想である、集権支配からの脱却が出来ず、がA社による支配になってしまいかねません。

 

この状況を打破するために、今回のプロジェクトREGAIN(リゲイン)が立ち上げられました。

 

難しく書いてありますが、REGAIN(リゲイン)が行なう事業は、マイニング事業です。

 

ICO案件には、結局何をするのかわからない事業も多かったりしますが、今回のREGAIN(リゲイン)プロジェクトは、マイニング事業と分かりやすい内容で、実現性も高そうです。

 

REGAIN(リゲイン)ICOに投資するメリット

ICO投資を行なうには、なにかしらメリットがないと行えません。

マイニング事業の実現性は高いと思いますので、順調に進むと思ますので、リスクは低そうです。

 

REGAIN(リゲイン)プロジェクトのトークンセールに参加するメリットは、

 

発行されるトークンを保有していると、配当がもらえる仕組み

 

ということで、発行されるREGAIN(リゲイン)のトークンは配当型トークンです。

 

コインを保有しているだけで、マイニング事業によって採掘された利益が分配されます。

 

トークンの値上がり益と分配される配当益が得られるので株に近いトークンですね!

 

REGAIN(リゲイン)ICOは日本語対応!

REGAIN(リゲイン)のICOトークンセールは日本語対応で行なわれるようです。

まだまだICOは海外案件が多く、日本語対応が少ないためか、情報も少ないです。

 

REGAIN(リゲイン)プロジェクトは日本語対応なので、情報もの日本語で得られます。

 

ICOトークンセールに参加するかどうかの判断材料が豊富なので安心感がありますね。

 

日本語のホワイトペーパーもありました。

 

ほかのICO案件よりもわかりやすかったので、事業の仕組みも理解できました。

 

REGAIN(リゲイン)のトークンセール期間

REGAIN(リゲイン)のトークンセールは、第1弾~第4弾まで行われる予定です。

 

日程は、第1弾として、

 

2017年12月22日(金)よりトークンセールスタート

 

予定です。

 

その後、第二弾は、2018年4月1日~、第三弾は、2018年7月1日~、第四弾は、2018年11月1日~となっております。

 

REGAIN(リゲイン)ICOに参加するには

REGAIN(リゲイン)プロジェクトでは、マイニング収益の60%を配当に回す予定です。

実現性も高そうだし、この配当性をもつトークンというのも魅力的です。

 

私もREGAIN(リゲイン)プロジェクトのICOには参加する予定です。

 

トークンセール第1弾は、12月22日ですのでそれまで待機ですね!

<追記>
REGAIN(リゲイン)のクラウドセール事前登録が開始されました。
こちらの記事にまとめています!