スポンサードリンク
コインエクスチェンジ(QUOINEX)がICOを行なうことを決定!

 

日本でも有名な仮想通貨取引所のひとつコインエクスチェンジ(QUOINEX)が新規に仮想通貨を発行することを決めました。

 

コインエクスチェンジ(QUOINEX)ICO概要

 

コインエクスチェンジ(QUOINEX)が発行する仮想通貨は、QASHトークンと呼ばれるそうです。

ホワイトペーパーも公式サイトからダウンロードできます。

 

今回のICO目的概要を簡単に説明しますと、現在の仮想通貨取引は、取引所単位の閉鎖的な環境で取引が行われている状況です。
それを1つのネットワークのようなものを組み、仮想通貨取引の流動性を高めようとする仕組みの構築のために資金調達されます。

このプロジェクトを

 

QUOINE LIQUIDプラットフォーム

 

と呼び、仮想通貨市場に流動性を供給する新世代の金融サービスと位置付けています。

 

QASHトークンの販売条件

新規発行トークンということで、販売条件が以下のように決められています。

トークンの販売条件概要
・トークン名:QASH
・コード:QASH
・発行総数 :1,000,000,000 QASH
・トークン販売価格: 1 QASH = 0.001 ETH
・特記事項:イーサリアムをベースとするトークン
・トークン最大販売数:500,000,000 QASH
・トークン最小販売数: 50,000,000 QASH

販売最大トークン数として、500,000,000 QASHですので、500,000ETHとなります。
2017年10月時点で、イーサリアムの価格が、3,2000円ぐらいですので、日本円で、16,000,000,000円規模の資金調達となっています。
160億円ですので、かなりの資金調達規模ですね。

 

コインエクスチェンジ(QUOINEX)ICOトークンセール参加方法

コインエクスチェンジ(QUOINEX)ICOトークンセールに参加するには、公式サイトから事前登録ができますが、日本居住者は、

 

コインエクスチェンジ(QUOINEX)の取引所アカウントからのみ購入可能

 

と指定されています。

 

日本の場合、ICOに当たり金融庁の許可を取ってから行なうためのようです。

 

なんにせよ、日本に住む限り、コインエクスチェンジ(QUOINEX)ICOトークンセールに参加するには、コインエクスチェンジ(QUOINEX)のアカウント登録が必要ですので、購入する予定ならば、予め作成しておきましょう!

 

公式サイトはこちら
コインエクスチェンジ(QUOINEX)公式サイト

コインエクスチェンジ(QUOINEX)は、運営母体が日本ではないため、日本のICOとは言い難いものがありますが、日本でも馴染みのある、コインエクスチェンジ(QUOINEX)ですし、すでに仮想塚の取引所としての実績は、十分にあります。

 

QASHトークンの信頼度もある程度上がりそうな気がしますので、私も参加しようと考えています

トークンセールの開始は、

 

2017年11月6日(月)

 

となっています。

 

2017年10月現在、コインエクスチェンジ(QUOINEX)のアカウント作成自体はすぐに行えましたが、本人確認がなかなか進みません。QASHトークン購入希望者は、早めに登録することをお勧めします。