スポンサードリンク

2018年1月に入り、ビットコインやアルトコインは軟調ですが、ICOトークンセールは、魅力的な案件が続々でてきています。

 

大手の企業が関わる案件も増えてきていますので、投資家としては安心して投資できますね。

今回注目したのは、

 

HEROコイン

 

日本でもメジャーな企業ソフトバンクが関わっていると噂されるICOトークンセールとなります。

 

HEROコインとは?概要

 

HEROコインは、簡単に言えば、東アジアを中心に展開するWEB質屋さんで、フィリピン、インドネシア、ベトナム、タイなどの新興国をターゲットにした金融業を展開する予定です。

 

これだけ聞くと、HEROコインは、あまり目新しさもないICO案件のようにも見えますが、以下の図のとおり、

 

 

ソフトバンクやアリババが関わっている!?

 

投資の達人であるソフトバンクが関わっているということで、HEROのICOトークンセールは注目されることになりました!

 

まあ実際のところ、ソフトバンクが関係しているかどうかはわかりませんけどね。

 

 

HEROコインの購入方法

HEROコインのICOトークンセールに参加するには、HEROコインの公式サイトからアカウント登録する必要があります。

 

HEROのホワイトペーパーは日本語にも対応。
最近のICOトークンセールは、ありがたいことに日本語対応が増えてきましたね♪

 

HEROコイン公式サイトはこちら
HERO公式サイト

 

 

HEROの公式サイトに、『Sign up to join ICO』ボタンがありますのでクリックします。

 

 

すると、個人情報を入力する画面が表示されます。

 

 

ユーザー名、パスワード、メールアドレス、氏名、入力します。

後ほど、個人認証で、パスポートなどをアップロードすることになりますので、パスポート記載の氏名を入力したほうがよさそうです。

 

イーサリアムウォレットアドレスは入力してもしなくてもよさそうです。

NAMコインの受け取りに必要なのかもしれませんね。

 

登録完了後、登録したメールアドレスに確認メールが届きます。
そのあたりは、一般的なメール確認認証方法ですね。

 

次の画面では、受け取り用のイーサリアムウォレットのアドレスを記載します。

 

ICOトークンセールではよくイーサリアムウォレットを利用することになりますので、myetherwalletなどを持っておくことをお勧めします!

 

 

続いて、規約等に同意確認するページが表示されますので、チェックボックスにチェックをつけて、ボタンをクリックします。

 

 

続いて二段階認証の設定。
HEROのコイン購入画面では、二段階認証が必須のようで、登録の段階で認証が必要となります。

その方が安全性が高いので安心ですね。

 

 

あとは、登録したメールアドレスに対して、確認メールが届いています。

 

 

メールのボタンをクリックした後、ダッシュボードにログインできますので、本人確認書類の提出を行なう必要があります。

 

 

ダッシュボードを開くと、『ACCOUNT STATUS』のところにあるボタンをクリックすると、本人確認情報を入力する画面が表示されます。

 

そちらの画面から、住所の入力やパスポート写真をアップロードして、申請しておきましょう!

 

HEROコイントークンセール日程

HEROコインのプレセールは、昨年11月に終わっています。

 

プレセールでは、

 

24時間で1000万ドルを集める

 

ほど人気だったようです、

 

通常のICOトークンセールが

 

2018年2月1日~2月28日

 

までの期間行なわれます。

 

人気がありそうなので、すぐに売り切れるかもしれませんね。

 

HEROコインICOまとめ

HEROのプロジェクト内容自体は、金融事業となり、新しいものではありませんが、ソフトバンクが関わっているとなると注目したくなります。

 

私はHEROのICOトークンセールに参加する方向で考えています。

 

最近は、魅力的なICO案件が多いですので、少額投資になるかもしれませんが、分散投資になってちょうどいいかもしれません。

 

HEROコインのICO参加は、以下のボタンから登録可能です。