スポンサードリンク

2017年9月より、GMOグループのビットコイン取引所であるGMOコインで、

アルトコインの取扱いが開始される

ということが決定しました!

 

GMOコインでイーサリアムが購入できる

GMOコインでアルトコインが購入できるようになります。

 

取り扱われるアルトコインは以下のとおり。

GMOコインで取り扱われるアルトコインの種類
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
イーサリアムクラシック(ETC)
リップル(XRP)

イーサリアム(ETH)とビットコインキャッシュ(BCH)は、9月下旬から取り扱い開始予定!
ライトコイン(LTC)とイーサリアムクラシック(ETC)は、10月に取扱い開始予定!
リップル(XRP)は、11月に取扱い開始予定!

 

イーサリアムは、最近取り扱われつつあるアルトコインなので、珍しくはないですね。

ライトコインも、ビットフライヤー(bitflyer)やコインチェック(coincheck)で購入可能ですね。

リップルについては、コインチェック(coincheck)では扱われていますが、ビットフライヤー(bitflyer)では購入できません。アルトコインとして有名なリップルが買いやすくなるのは魅力的です♪

 

最近GMOグループは、ビットコインのマイニング事業にも投資するという発表もしていますし、仮想通貨事業に力をいれていますね。どんどんと仮想通貨の魅力を上げていってもらいたいところです。

 

さらに、今回発表があったのは、

 

アルトコインのレバレッジ取引サービスを年内に提供開始する予定

 

ということです。

 

ビットコイン取引ツールである『ビットレ君』を使って、イーサリアムやリップルなどのアルトコインも、レバレッジ取引できるようになるのでしょうか。

 

ビットレ君は、非常に使いやすいツールなので、このツールを使って、イーサリアム、リップル、ライトコインを取引できるとなると、GMOコイン取引所を使うことが増えそうです。

 

気になる手数料は、まだ発表されていませんが、手数料によっては、GMOコインは取引所として、おすすめ度が上がりそうです♪続報に期待です!