スポンサードリンク

ビットコインの購入するためには、取引所でアカウントを作成して、取引を行なうのが一般的です。

日本では、ビットフライヤー(Bitflyer)やコインチェック(coincheck)が有名ですが、そのほかにも、いろいろな取引所が存在します。

 

今回は、フィスコ(fisco)の取引所アカウントを作成してみましたのでレビューしていきます。

 

フィスコ(fisco)の特徴

簡単ではありますが、フィスコ(fisco)の特徴を以下に挙げます。

・日本の取引所である
・株式上場企業(ジャスダック)が運営(株式会社フィスコ)
・独自トークン フィスココインを配布
・アカウント作成手数料・維持手数料が無料

ビットコインなどの仮想通貨の取引所が、倒産すると、預けている仮想通貨がなくなってしまうリスクがあるため、運営会社が上場企業だと、しっかりと運営状態が開示されるため、安心感があります。

 

上場廃止するときなどは、すぐに情報が入りますので、非上場企業よりは安心です。

 

また、独自トークンであるフィスココインを配布していますので、フィスコ(fisco)の取引所で、購入することができます。

 

いまのところ、とくに使い道がないため、あまり価値がないかもしれませんが、フィスココインの利用価値が上がれば、価格も上がりますので、いまのうちに購入しておくのもいいかもしれません。

 

もちろん、このまま何も利用されないまま終了するリスクもありますが。

 

 

フィスコ(fisco)のアカウント作成手順

まず、フィスコ(fisco)のサイトにアクセスします。

 

フィスコ仮想通貨取引所

 

 

フィスコ(fisco)のサイトにアクセスすると、すぐにメールアドレスを入力するとアカウントを作成できるようになっています。
『無料登録はコチラ』ボタンをクリックすると、アカウント作成が開始されます。

 

メールアドレスを入力する画面に遷移しますので、そこでアカウント作成用メールアドレスを入力すると、アカウントが作成されます。ここで、

『私はロボットではありません』にチェックをしないと作成できません。

 

 

 

 

この段階では、まだアカウント作成は完了していません。
登録したメールアドレスに以下のようなメールが届きます。

 

 

 

 

届いたメールのリンクをクリックしたら登録完了。

 

 

 

登録したメールアドレスがアカウントとなり、パスワードを設定していきます。

 

 

パスワードを設定したら、ログインできるようになります。

ここまで完了すれば、ログインして、ビットコインの情報を見ることはできますが、まだ本格的な仮想通貨の売買はできません。

 

ビットコインの売買をしたければ、ログイン後、個人情報を登録しなければなりません。

多くのビットコインの取引所と同様ですね。

 

以下の画面に遷移するので、『基本情報の登録』を行ないましょう。

 

 

基本情報は、氏名、住所、電話番号などの個人情報を登録していきます。

 

 

個人情報の登録が完了すれば、取引を行うための、『日本円出金口座』の登録を行います。
ビットコインなどの仮想通貨を日本円に変え、そこから引き出すときに指定される口座登録となります。

指定できる口座は、本人名義の口座のみとなっています。

 

 

 

その後、登録した電話番号に対して、SMS認証を行います。
最近、このような取引所の認証にはよくSMS認証が使用されますね。

 

 

 

SMS認証が完了すれば、あとは、本人確認書類の登録。
特にこちらから郵送するものではなく、自動車免許などの写真をアップロードするだけで完了します。

 

 

本人確認書類の登録が完了しれば、ユーザー情報の登録が完了します。

 

 

本人確認手続きは、翌日には完了メールが届きました。

数日後、転送不要の書留郵便が送られてくることによって、個人情報が正しいか判断されます。

 

簡易書留で送られてくる本人確認コードを以下の画面に入力すると、登録完了です。

 

 

個人情報の照明が完了した時点(書留郵便の受け取りが完了した時点)で、ビットコインのトレードができるようになるという仕組みをとっています。

 

フィスコ(fisco)のアカウント登録から開設の流れまでは、非常に早かったです。

 

また、フィスコ(fisco)のビットコイン取引所の画面は、ザイフ(zaif)の取引画面にそっくりです。同じような画面インターフェースを用いているようですが、私自身ザイフ(zaif)の取引画面は、使いにくいと感じています。

同じような取引画面にしなくてもいいですのにね。