スポンサードリンク

ビットコインを取引していると、ほかの仮想通貨にも興味が出てきます。

 

現在、ビットコインの次に時価総額が高い仮想通貨といえば、イーサリアム(Ethereum)

日本の仮想通貨取引所でも扱うところが増えてきました。

 

イーサリアム(Ethereum)の売買を行なう上での注意点もありますので、記事にしてみました。

 

イーサリアム(Ethereum)とは!?簡単に解説!

簡単にではありますが、イーサリアム(Ethereum)とはどういった仮想通貨か簡単に解説してみます。

 

イーサリアム(Ethereum)は、ビットコインに続いて、時価総額がすべての仮想通貨の中で、2番目に大きい仮想通貨となっています。

 

2017年11月時点で、イーサリアム(Ethereum)の時価総額は、

 

約3兆2千億円

 

となっています。

 

ちなみにビットコインは、14兆円を超えていますし、時価総額3位のビットコインキャッシュは、約1兆円となっています。

イーサリアム(Ethereum)の通貨単位はイーサ(Ether)と呼ばれています。

 

ユーザが独自に定義したスマートコントラクト(契約)を扱うことができる柔軟性の高い仮想通貨なので、使用用途として幅広い活用期待されています。

 

イーサリアム(Ethereum)を取扱う取引所

イーサリアム(Ethereum)の取扱いのある仮想通貨取引所をまとめてみました。

イーサリアムの取扱いがある取引所
・ビットフライヤー(bitFlyer)
・コインチェック(coincheck)
・コインエクスチェンジ(QUOINEX)
・ザイフ(Zaif)
・ビットポイント(BITPOINT)
・ビットバンク(bitbank)
・GMOコイン

 

仮想通貨時価総額2位ということだけあり、アルトコインの扱いがある取引所は、ほとんどイーサリアム(Ethereum)の売買ができます。

 

ただし、ビットコインと違い、取引所としてではなく、販売所として、イーサリアム(Ethereum)を売買できるところが多いですね。

 

イーサリアム(Ethereum)の手数料を比較

イーサリアム(Ethereum)の売買手数料を比較してみます。

 

取引所 メイカー テイカー
blitFlyer 0.2% 0.2%
coincheck
QUOINEX
無料 無料
Zaif 無料 0.1%
bitbank 無料 無料
GMOコイン
無料 無料
BITPOINT 無料 無料

 

どの取引所でも売買手数料は、あまり変わりません。
でもビットフライヤー(bitFlyer)は、やや高い印象がありますね。

 

イーサリアム(Ethereum)を取引所売買の注意点は!?

イーサリアム(Ethereum)を売買する上で一番気にしなければならないのが、

 

スプレッド

 

です。

 

スプレッドとは、売値と買値の差。
イーサリアム(Ethereum)の場合、ビットコインよりもこのスプレッドが広い!

取引所によっては、10%以上売値と買値の差があったりします。

 

一番ビットコインの取引量が多いビットフライヤー(bitFlyer)を参考に、

 

 

2017年11月のある日のイーサリアム売買価格を挙げてみました。

購入価格が37,166円、売却価格が33,302円。その差額は、3,864円!

なんと、購入価格比で、10.3%も差額として取られてしまいます

 

仮想通貨は値動きが荒いとはいえ、10%以上値上がりして、やっと利益が出るということになります。

 

これでは、なかなか頻繁には売り買いできませんよね。

 

ビットコインではあまり気にしなかったスプレッドですが、イーサリアム(Ethereum)の場合はかなり買値と売値の幅が広いので注意が必要です。

 

イーサリアム(Ethereum)取引手数料最安値!?オススメ取引所

イーサリアム(Ethereum)も売り買いを頻繁に行なって稼ぐことができないかと思い、スプレッドが狭い取引所を探してみました。

 

2017年11月時点で、イーサリアム(Ethereum)のスプレッド幅に着目したものを一覧にまとめてみました。

 

一番、スプレッド幅が狭いのは、ビットポイント(BITPOINT)です。

ビットポイント(BITPOINT)は、イーサリアム(Ethereum)の取引でも取引所として、板形式で売買ができます。

しかも、売値と買値の幅は少ない。

 

2017年11月のある日時点のビットポイント(BITPOINT)での売買価格ですが、売値と買値の価格差が300円程度しかありません。

 

ちなみに上記のビットフライヤー(bitFlyer)と同一の日に比べていますが、ビットフライヤー(bitFlyer)がいかにスプレッド幅が広いかがわかりますね。

 

イーサリアム(Ethereum)の取引を行なう上では、ビットポイント(BITPOINT)がオススメです。

 

↓↓ビットポイント(BITPOINT)公式サイト↓↓

 

ビットバンク(bitbank)も比較的スプレッドは狭かったのですが、通貨ペアとして、ビットコイン建てでの購入ですので、見た目よくわからないかもしれません。
(調べた日では、日本円換算で大体560円ぐらいでした。)

 

イーサリアム(Ethereum)の取引では、ビットポイント(BITPOINT)のようになるべくスプレッド幅が狭い取引所で取引を行ない、仮想通貨で稼ぐようにしましょう!