スポンサードリンク

日本初のICO(イニシャル・コイン・オファリング)として注目を集めましたコムサ(COMSA)

 

結果はどうなるかわかりませんが、私もコムサ(COMSA)のトークンセールに参加しました。

 

コムサ(COMSA)の2017年11月6日(月)にトークンセールは終了したみたいですね。

 

トークンセールの結果をまとめてみました。

 

コムサ(COMSA)のトークンセール結果は?

日本初のトークンセールということで注目されたコムサ(COMSA)ですので、このトークンセール結果が低調に終わるわけにはいきません。
っていうよりは、低調におわってほしくありません。

 

これから先のICOトークンセールに影響してしまいますし、これから先のことを思うと、失敗は許されないところです。

 

で、コムサ(COMSA)のトークンセールでいったいいくらの資金が集められたかと言いますと、

 

95,372,124ドル相当の仮想通貨が集まったということです。

日本円でおき換えますと、

 

約123億円

 

集まったことになります。

 

すごい金額ですね!

この金額は、世界のICOトークンセールと比べても遜色ないレベルの資金です。
注目度が高かったおかげでかなりの資金が集まったようです。

 

コムサ(COMSA)トークンは自動配布される?

注目度が高かったので、多くの仮想通貨投資家の方がこのコムサ(COMSA)トークンを購入したかと思います。

 

私もその一人です♪

 

トークンセールが終了したということで待っていればCOMSAトークンが配布される!?

 

なんて思っている方もいるかと思います。

 

でも、トークンセールで配布されるトークンって、海外のICOだとたいていの場合、自分で受け取る処置をしなければなりません。

 

では、今回のCOMSAトークンはと言いますと、

やはり、自分で受け取る処理をしないといけないようです。

 

COMSAトークンの受け取り方法

ICOトークンセールで購入したコムサ(COMSA)トークンを受け取る方法は、2通りあります。

COMSAトークン受け取り方法
・仮想通貨取引所であるザイフ(Zaif)で受取
・ウォレットで受取

ウォレットで受取を選択する場合は、ネムのウォレットかイーサリアムのウォレットで受け取る必要があるようです。

具体的には、

  • Nano Wallet(XEM:mosaic)
  • MyEtherWallet(ETH:ERC20)

 

のウォレットなら受け取れるみたいですね。

 

ただ、ウォレットの受け取りは、専用アプリのようなものをパソコンにインストールしなければならないのでめんどくさいですね。

 

私は、ウォレット受け取りではなく、仮想通貨取引所のザイフ(Zaif)で受け取るつもりです。

 

COMSAトークンを売買するのにも、ザイフ(Zaif)取引所で行なうようですので、受け取りもザイフ(Zaif)でよいかと考えています。

 

幸いにして、ザイフ(Zaif)の口座開設は、以前に行なっています。

 

ザイフ(Zaif)取引所での受け取り時期は、また後日発表とのことですが、私がザイフ(Zaif)取引所アカウントを作成して、本人確認を終えるまで2週間ぐらいかかりました。

ザイフ(Zaif)でのCMSAトークン受け取りがスムーズにいくように予めZaifのアカウントを作成しておくほうがよさそうです。

 

↓↓ザイフ(Zaif)公式サイトはこちら↓↓

 

コムサ(COMSA)の今後は!?

コムサでは今後、コムサの提供するプラットフォームを利用したICOが発表されてくるものと思われます。
日本の場合、金融庁との調整があったり、簡単にはいかないようですが。

 

COMSAトークン自体、Zaif取引所で売買が可能になります。

売買が可能になる時期は、

 

2017年11月末

 

とのことですので、どのような初値を形成するか、楽しみですね。

 

結果次第で、今後のICOにも影響を与えます。

良い結果になることを祈ります。