スポンサードリンク

ビットコインを始めとする仮想通貨の取引を始めるためには、どこかの取引所口座アカウントの作成を行なうことになります。

 

初心者にお勧めな取引所であるビットフライヤー(bitFlyer)の取引所口座アカウント作成してみた内容をレビューしていきます。

 

ビットフライヤー(bitFlyer)の特徴

簡単ではありますが、ビットフライヤー(bitFlyer)の特徴を以下に挙げます。

・ビットコインの取引量が多い
・日本の取引所である
・資本金が多い(約41億円)
・大手企業が出資
・アカウント作成手数料・維持手数料が無料

ビットコインの取引所がハッキングを受けたり、倒産してしまったりした場合のリスクを考慮すると、取引所の運営状態というのは気になります。

その点について、資本金が多く、大手企業が出資しているビットフライヤー(bitFlyer)が現在のところでは、1番お勧めできます。

 

仮想通貨を購入したことがない方が気にするのは、口座維持手数料かと思いますが、ビットフライヤー(bitFlyer)は無料となっています。

 

(ほかの取引所も無料のところがほとんどです。やはり仮想通貨市場の成長期ですので、いかにユーザーを取り込めるかといったことろを取引所は考えているようですね。)

 

ビットフライヤー(bitFlyer)のアカウント作成手順

まず、ビットフライヤー(bitFlyer)のサイトにアクセスします。

以下のバナーからビットフライヤー(bitFlyer)のサイトにアクセスできます。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

ビットフライヤー(bitFlyer)のサイトにアクセスすると、すぐにメールアドレスを入力するとアカウントを作成できるようになっています。

 

メールアドレスではなくても、GoogleアカウントやyahooID、Facebookアカウントでも作成できるようになっています。

 

え?これだけ?ってぐらい簡単に登録できますよ。

 

でも、メールアドレスで登録しただけでは、実は、ビットコインの売買はできません。

ビットコインの売買をしたければ、ログイン後、個人情報を登録しなければなりません。

 

個人情報を入力後、転送不要の書留郵便が送られてくることによって、個人情報が正しいか判断されます。

個人情報の照明が完了した時点(書留郵便の受け取りが完了した時点)で、ビットコインのトレードができるようになるという仕組みをとっています。

 

実際にやってみると、アカウント作成には3分もかかりませんでした。

でも、トレード開始までには、個人情報入力とお金の送金などがあり、もう少し日数がかかります。

 

ビットフライヤーでは、クレジットカードでもビットコインが購入可能となっていますが、手数料が高いため、お勧めしません

 

個人情報の確認通知以外は、すべてWEBで登録が完結できるあたりが、さずが仮想通貨を取り扱うサイトだと思いました。

こちらから余分な書類を送付したりすることは一切ありませんでした。