スポンサードリンク

仮想通貨投資をおこなっていますと、ビットコインだけではなく、ほかのアルトコインにも投資したくなりますね。

 

そう思ったとき、日本の取引所だと、多くてもコインチェックで、十数種類のアルトコインしか売買できません。

 

しかも

 

手数料が高い!

 

そろそろ海外の取引所でも開設しようかと思って調べていましたら、ビットプラスという

 

日本語対応の海外取引所

 

が開設されるということらしいので、詳しく調べてみました。

 

ビットプラス(bitplus)取引所とは

 

ビットコインを取り扱う日本の取引所は、多数ありますが、アルトコインを取り扱う取引所は日本には少ない!

アルトコインを取り扱っていたとしても手数料が高い!

 

というところで、海外の仮想通貨取引所を利用しようとしても、日本語に対応していない!

 

という現在の問題点を解決しようとした仮想通貨取引所がビットプラスとなります。

 

2017年11月下旬に取引所がオープンする予定です。

 

<追記>
なかなかオープンしないと思っていたところ、調べてみたら12月上旬オープン予定に変更になったようです。

 

<2018年1月3日追記>
2018年にはいってビットプラス取引所はまだオープンしていません。
問い合わせをおこなったところ、2018年1月中旬をめどにオープンする予定とのことです。
仮想通貨業界は、開催時期がずれることが多いですね。

 

ビットプラス(bitplus)取引所で扱うアルトコイン

最初の取扱いアルトコインは、まだ正式に決定していませんが、エイダとかも取り扱われるという話らしいです。

数種類のアルトコインからスタートして、徐々に種類を増やしていき、将来的には、100種類以上のアルトコインを取り扱うとのことです。

 

ビットプラス(bitplus)の魅力

ビットプラス(bitplus)取引所の特徴を以下に挙げます。

  • 海外の取引所で日本語対応
  • アルトコインの手数料が安い(海外と同等)
  • デビットカートに対応
  • 紹介制

日本語対応の仮想通貨取引所

ビットプラス(bitplus)は、海外の取引所なのに、日本語対応というのがうれしいですね。

海外仮想通貨取引所で有名な、Poloniexでは、取引がロックがかかってしまったときに、解除できないなどのトラブルがあるようです。

そんなときに、問い合わせとかも日本語で行なうことができます。

 

アルトコインの手数料

ビットプラス(bitplus)は、アルトコインを取り扱うからと言って、手数料が高ければ利用価値がありませんね。

でも、アルトコインの手数料は、0.20%と、海外取引所であるPoloniexやbittrexと同じ手数料体系です。

 

日本の取引所であるコインチェックと比べるとかなり安いですね。

 

デビットカード対応

ビットプラス(bitplus)は、デビットカード連携を可能にするということです。

ビットコインやアルトコインを、デビットカードを通じて、円やドルの法定通貨に両替することができますし、そのまま買い物にも利用できます。

 

海外取引所の欠点といえば、日本円で取引できなく、引き出しが容易ではないこと。

ビットプラス(bitplus)はこの欠点を解決してくれそうです。

 

ビットプラス(bitplus)は紹介制

ビットプラス(bitplus)を調べていると、同じようなレビュー記事を見かけました。

理由としては、この紹介制度があるからだと思われます。

 

なんかビットプラス(bitpkus)の紹介記事がいいことばかりなのが気になっていました

 

この紹介制があるということで、それでか!って思いましたね。

 

紹介制度は、2ティアの仕組みをとっています。
2ティア制は、紹介者の売買手数料の20%が入る仕組みになっています。
さらに、紹介者の紹介者が売買を行なったとしても、売買手数料の15%が入る仕組みです。
(それ以降の紹介者の分は入りません。)

 

ビットプラス(bitplus)は安全!?

ビットプラス(bitplus)は安全かと聞かれると、かなり怪しいと感じました。

なにが怪しいかと言いますと、

  • 会社概要がほとんどない
  • 情報が少ない
  • 紹介制度が怪しい

 

あたりが怪しさが漂います。

 

ビットプラス(bitplus)の情報が少ないというのも、まだ取引所がオープンしていませんし、始まったばかりだからです。

1年2年後も同じ感じだったら、怪しいですが、まだ始まっていませんからね。

仕方がないですね。

 

会社概要に記載された住所をGoogleで調べてみると、アメリカの住所のようです。
海外の取引所というのは本当なのかもしれませんね。

 

ビットプラス(bitplus)が採用している紹介制度は、海外では割と普通に行われている制度です。

また、日本でも、ポイントサイトなどでは、2ティア制を用いて登録者を増やしています。
事例があるのを知っている者から見れば、そこまで違和感はないです。

 

仮想通貨取引自体がまだまだ怪しいところもありますので、一歩踏み込んでみてもいいかと思いました。

ただ現時点では、全力でビットプラス(bitplus)を信用するわけにはいきませんね。

様子を見ながらの利用が良いかと思います。

 

ビットプラス(bitplus)登録方法をレビュー

ビットプラス(bitplus)の取引所としては、2017年11月の私が登録しようとした時点では、まだ開設されていませんでした。

でも、紹介者用のページに先行登録できるようなので、登録してみました。

 

以下のリンクから、登録が可能です。
ビットプラス取引所事前登録

 

サイトを開きますと、以下のようなページに遷移します。

 

赤枠のところを変更しますと、日本語になりますので、登録はスムーズに行えるかと思います。

日本語対応というのは本当のようですね!

 

メールアドレスを送信しますと、登録したメールアドレスに通知がきます。

 

メールに記載されているリンクから、本登録することができます。

 

その後、以下の項目を入力

  • 姓名 / Name
  • ユーザーネーム / NickName
  • 生年月日 / BirthDay
  • 国 / Country
  • 電話番号 / Phone
  • 郵便番号 / Zip
  • 都道府県 / State
  • 市区町村 / City
  • 住所(番地)/ Street
  • 住所(建物名など)/ Building
  • パスワード / PassWord
  • パスワード(確認)/ PassWordConfirm

 

入力が完了すると、アカウントを作成でき、ログインできるようになります。

まだ、取引所がオープンしていない段階なので、ログインしても情報は少ないですね。

 

登録自体は簡単で無料で行なえますので、興味があれば登録しておいてもよいかと思います。

 

まとめ

仮想通貨取引は、まだまだ未成熟な市場ですので、詐欺まがいのICOが多発していたり、取引所が破綻して、投資した仮想通貨が失なわれる事件が起こったりします。

 

徐々に精査されていくものと思われますが、やはりまだまだ自己責任で投資しなければなりません。

 

そういった意味でも、いま日本にある取引所が絶対に安心・安全というわけではないので、リスク分散の意味でも複数取引所で仮想通貨売買を行なった方がよいと思います。

 

今回レビューした、ビットプラス(bitplus)も、2017年11月時点では、よく全貌が見えていない分、怪しいところもありますが、登録は無料なので、登録してみました!

 

ビットプラス(bitplus)で取引すること自体リスクかもしれませんが、
実際に日本語対応で安い手数料でアルトコインを売買できればかなり魅力的ですもんね。

 

今回発表されているエイダコインには興味がありましたし。

 

引き続き様子をみながら、ビットプラス(bitplus)取引所も利用してみたいと思います!

 

<2018年1月3日追記>
2018年1月時点でまだオープンしていませんが、事前登録は受付中です。
珍しいアルトコインが購入可能ならば、オープン直後に価格が上昇することが予想されます。 ビットプラス取引所に興味があれば、事前登録をオススメします。