スポンサードリンク

ビットコインのハードフォークを控え、にわかに人気が出てきた感がある

 

ビットコインキャッシュ

 

もともとビットコインキャッシュもビットコインから分裂してできたアルトコインです。

 

ビットコインキャッシュが出来た当初は、今後の通貨としての価値が続くのか懐疑的ではありましたが、2017年11月予定の2度目のハードフォークを迎えるにあたり、ビットコインキャッシュの存在価値が高まりつつあります。
(どうやらビットコインの2度目のハードフォークはいったん中止されたようです。)

 

ビットコインばかり保有していたのでは、ビットコインの価値が崩れた時の損失が大きいので、リスク分散のためにビットコインキャッシュも保有しておこうと考えています。

 

そこで、ビットコインキャッシュを取り扱う仮想通貨取引所を調べてみました。

 

 

ビットコインキャッシュ(bitcoincash)とは!?簡単に解説!

簡単にではありますが、ビットコインキャッシュとはどういった仮想通貨か簡単に解説してみます。

 

ビットコインキャッシュは、ビットコインから分岐してできたアルトコインです。

 

2017年8月に、ビットコインの取引量が増えていくのに、ブロックサイズの変更が必要と考えれ、ビットコインプログラム仕様の変更が行われました。ビットコインの取引スピードに問題がでてきましたからね。
問題解決のため、一部のビットコインマイナーにより生み出されたものが、ビットコインキャッシュです。

 

ビットコインキャッシュの時価総額は、約1兆円で、ビットコインの13分の1ほどの価値となっています。(2017年11月時点で)

 

ビットコインキャッシュを取扱う取引所

ビットコインキャッシュの取扱いのある仮想通貨取引所をまとめてみました。

ビットコインキャッシュの取扱いがある取引所
・ビットフライヤー(bitFlyer)
・コインチェック(coincheck)
・コインエクスチェンジ(QUOINEX)
・ザイフ(Zaif)
・ビットバンク(bitbank)
・GMOコイン

 

もともとビットコインということもあり、ハードフォークされた際、多くのユーザーがビットコインキャッシュを持っていました。さずがに取引できないと困るからか、取り扱う仮想通貨取引所も多いですね。

 

ビットコインキャッシュは、ビットコインと違い、販売形式をとっている取引所が多いですね。

 

仮想通貨取引所と販売所の違い。ビットコインキャッシュの扱いは?

仮想通貨の取引には、販売所経由で行なうのと、取引所経由で行なうのと2パターンあります。

 

仮想通貨取引所は、ユーザー間の取引を仲介する役割を行ないます。
板形式で売買する形をとっている業者が取引所ということですね。

 

 

ビットコインキャッシュを取引所として仲介している仮想通貨業者は、日本では、2017年11月時点では、ザイフ(Zaif)ビットバンク(bitbank)だけです。

 

取引所は、板に乗せるとき(注文するとき)に手数料を取ることで収入を得ています。

 

 

一方、仮想通貨販売所は、仮想通貨業者が表示している価格でユーザーと売買を行います。
ユーザーからすれば、取引を行なう相手は、仮想通貨業者ということになります。

 

両替所のようなもので、仮想通貨業者が提示する売値と買値が違い、その差額が仮想通貨業者の手数料として利益となります。

 

 

取引量が少ないアルトコインほど、売値と買値の差であるスプレッド幅が広い傾向があります。
ビットフライヤー(bitFlyer)で、ビットコインキャッシュのスプレッドを確認すると、1万3千円ぐらいの幅がありました。

これでは、売買するだけでかなりの利益が仮想通貨業者に取られてしまいますね。

 

ビットコインキャッシュを取引所売買の注意点は!?

ビットコインキャッシュを売買する上での注意点は、ほかのアルトコイン同様

 

スプレッド

 

です。

 

ほとんどの仮想通貨業者がビットコインキャッシュの売買には、販売所として取引を行なうので、両替手数料が多く取られてしまいます。

 

少しでもスプレッド幅が狭い仮想通貨業者を選ばないと、手数料負けを起こしてしまいます

 

ビットコインキャッシュ最安値の取引手数料はどこ!?オススメ取引所

ビットコインキャッシュを売買をするのに適した仮想通貨取引所を探してみました。

 

仮想通貨取引で有名なビットフライヤー(bitFlyer)コインチェック(coincheck)は、ビットコインキャッシュの場合、スプレッド幅が広い傾向にあり、あまりオススメできません。

 

ビットコインキャッシュでは、日本で板形式で売買できるザイフ(Zaif)がオススメです。

 

↓↓ザイフ(zaif)の公式サイト↓↓

2017年11月時点で)日本でビットコインキャッシュの取引がユーザー間で行なえるため、売り注文と買い注文の差額は狭い傾向にあります。

 

この差額を見た後で、ビットフライヤー(bitFlyer)コインチェック(coincheck)でビットコインキャッシュを売買する気にはなりませんね。

 

ただ、ザイフ(Zaif)の取引所サイトは、すこし使いずらいのが欠点です。
板形式に慣れていない方だと躊躇するかもしれません。

 

取引所としては、ビットバンク(bitbank)もあります。

 

↓↓ビットバンク(bitbank)の公式サイト↓↓

ビットバンク(bitbank)の取引ツールも初心者の方にはわかりにくいのが欠点です。
ザイフ(Zaif)のほうがまだシンプルなので、わかるかと思います。

 

ザイフ(Zaif)以外では、販売所となります。
スプレッド幅が狭い販売所がないかと思い探してみたところ、ビットコインキャッシュの取引では、GMOコインが一番スプレッド幅が狭かったです。

 

 

2017年11月のある時点でのビットコインキャッシュの取引画面ですが、ビットコインキャッシュの売値と買値の差額は、1,500円ほどでした。

 

ザイフ(Zaif)ほど売り買いの差額が狭くはありませんが、販売所としては、ビットフライヤー(bitFlyer)コインチェック(coincheck)と比べてもらうとわかりますが、スプレッドが狭いです。

 

GMOコインの売買は、非常にわかりやすい取引画面ですので、初心者にも安心です。
しかも手数料が安い!
GMOコインも初心者にはオススメです。

 

↓↓GMOコインの公式サイト↓↓

ビットコインキャッシュの取引では、GMOコインのようになるべくスプレッド幅が狭い販売所で売買を行なうか、思い切ってザイフ(Zaif)のような取引所で売買を行なうことをオススメします♪