スポンサードリンク

2017年9月29日に、金融庁が、

 

『仮想通貨交換業者登録』

 

を発表しました!

 

仮想通貨交換業者登録とは?

『仮想通貨交換業者登録』制度とは、2017年4月の改正資金決済法の施行を受けて、ビットコインやアルトコインを取り扱う仮想通貨取引所の登録制が導入されました。

 

これを受けて、金融庁は登録申請した仮想通貨取引所を扱う事業者の審査を進めてきたわけです。

 

2017年9月29日、ついに、

 

仮想通貨交換業者登録された事業者第一弾

 

を発表しました。

 

金融庁としては、急速に広がりを見せる、仮想通貨取引市場を監視したいという思惑もあります。

でもこのことは、私たち一般市民にとっても、仮想通貨取引の健全性が高まる利点があります。

 

 

仮想通貨交換業者登録された取引所事業者はどこ?

今回、第一弾で仮想通貨交換事業者として、登録された事業者を以下に挙げます。

 

登録事業者第一弾
・株式会社マネーパートナーズ
・QUOINE株式会社
・株式会社bitFlyer
・ビットバンク株式会社
・SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社
・GMOコイン株式会社
・ビットトレード株式会社
・BTCボックス株式会社
・株式会社ビットポイントジャパン
・株式会社フィスコ仮想通貨取引所
・テックビューロ株式会社

 

今回、一覧に挙げました11社が仮想通貨交換事業者第一弾として、登録されました。

まだ継続審査が17社控えていますので、今後どんどん交換事業者が増えていくものと思われます。

 

金融庁の発表には、

 

・本一覧に記載された仮想通貨交換業者が取り扱う仮想通貨は、当該仮想通貨交換業者の説明に基づき、資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。
・金融庁・財務局が、これらの仮想通貨の価値を保証したり、推奨するものではありません。仮想通貨は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。
・仮想通貨の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

金融庁

 

とも注意喚起しています。

まだまだビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨は、発展途上。
中国のように、急激に、規制ばかりされては困りますが、国による審査を経て、仮想通貨の信頼性が高まってくればいいですね。