スポンサードリンク

ビットコインの価格上昇に伴ってなのか、信頼度が高まってなのか、ビットコイン投資が最近よく耳にするようになりました。

 

仮想通貨といえば、ビットコインが一番に思いつきますが、ビットコインのほかにも仮想通貨と呼ばれる電子データがまだまだたくさんあります。

 

アルトコインの種類

ビットコイン以外の仮想通貨のことをアルトコインと呼びます。

なぜアルトコインと呼ぶのかと言いますと、alternative coinの略で、『代わりとなるコイン』の意味があります。

 

『代わりになるコイン』とは、ビットコインの代わりになるコインということですね。

 

ビットコインは知名度があり、仮想通貨の中では一番普及していますが、ビットコインの弱点を補おうと開発されているのが、アルトコインとなります。

 

ビットコインの弱点といえば、

 

 

  • ビットコインの発行枚数上限が2,100万枚と少ない
  • ビットコイン取引の承認に時間がかかる

 

 

などが挙げられます。

 

アルトコインの種類は、1,000種類以上あると言われていて、いまなおその種類は増え続けています。

(通貨としての価値があるかどうかは、不明なものが多いのが現状です。)

 

ビットコイン以外にも仮想通貨が存在するということで、投資したいと考えたりもしますが、9割以上のアルトコインは、無価値に近いものなので、気を付けて投資したいところです。

まあ、通貨としての価値は、ニーズと信頼によって築きあげられていくものですから、先行投資する段階では、無価値のものがほとんどなので、仕方がないのかもしれませんね。

仮想通貨初心者の方は、リスクを覚悟の上で投資してくださいね。

 

主なアルトコイン

ビットコイン以外の仮想通貨で、ある程度人気があるアルトコインを紹介します。
ある程度人気があるということは、現時点でも、それなりの価格がついているということなので、いまから投資するのは躊躇するかもしれませんが、逆に安心感もあります。

 

イーサリアム

仮想通貨として、通貨単位:イーサ(Ether)と呼ばれる単位で取引されている通貨です。
ユーザが独自に定義したスマートコントラクトと呼ばれる契約で取引を扱うことが可能な柔軟性の高いアルトコインとなっています。

 

ちなみに、イーサリアムという名は、『イーサリアムプロジェクト』という、プロジェクト名です。
この『イーサリアムプロジェクト』の中で、技術として提供されているアプリケーションやソフトウェアなどのプラットフォームの総称のことをイーサリアムと呼んでいます。

イーサリアムの可能性を感じ、マイクロソフトなど大手企業が続々と提携を始めたことで、価格が高騰しつつあります。

 

リップル

リップルと、アメリカのリップル社によって開発が進められている、金融商品の決済・送金システムのことを指します。

 

リップル自体、仮想通貨というわけではないのですね。

 

ビットコインの致命的な弱点であるスケーラビリティや消費電力といった問題を克服してた仕組みと言われています。

ビットコインと比較して決済が高速であるため、金融取引向きだということです。

グーグルとの提携(実際にはグーグルの子会社との提携)が話題となり、価格が高騰しました。

現在は落ち着いた値動きをしています。

 

ライトコイン

ライトコインは、ほとんどビットコインと同じ機能をもった仮想通貨となっています。
ライトコインの開発思想として、

 

ビットコインを金に例えるならば、ライトコインは銀

 

というものがあり、埋蔵量が、ビットコインの4倍にあたる8,100万枚となっています。
採掘難易度もビットコインよりもマシンパワーが必要ないと言われています。
(だからといって、採掘で儲けられるわけではありませんよ。)

 

アルトコインの将来性

主なアルトコインを3つほど挙げましたが、まだまだ注目度の高いアルトコインはいくつか存在します。

仮想通貨の世界で

 

『ビットコインの次にシェアを伸ばすものは何?』

 

という視点で、アルトコインは現状競われていますが、後から生まれた仮想通貨ほど、技術的問題などを解決した仕組みであることが多いので、もしかしたらビットコインを上回るかもしれませんね。