スポンサードリンク

ビットコインなどの仮想通貨取引所であるビットバンク(bitbank)

 

金融庁登録の仮想通貨交換事業者第一号にも選ばれていました。

 

私も新規にアカウントを作成しましたので、レビューしていきます。

 

ビットバンクの特徴

簡単ではありますが、ビットバンク(bitbank)の特徴を以下に挙げます。

 

・日本の取引所である
・複数のアルトコインを購入できる
・本格的なチャートツールが使用できる
・手数料が無料

 

購入可能な仮想通貨は、2017年10月時点で、

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • ライトコイン
  • モナーコイン
  • ビットコインキャッシュ

 

が購入可能です。

コインチェック(Coincheck)よりは、取扱いが少ないアルトコインですが、リップル、イーサリアム、ライトコインといった、人気のアルトコインは購入できるようです。

 

手数料が安く、アルトコインの売買手数料も無料となっています。
購入目的のアルトコインが見つかれば、ビットバンク(bitbank)で購入することも検討できそうですね。

 

証拠金取引ができると思っていましたが、どうやら証拠金取引(FX)ができる口座は分けられていて、ビットバンクトレード(bitbanktrade)のほうでした。

アカウントを分ける必要があったのでしょうか。

少し疑問に思います。

 

ビットバンクトレード(bitbanktrade)のアカウント作成手順

まず、ビットバンク(bitbank)のサイトにアクセスします。

 

以下のリンクからビットバンク(bitbank)のサイトにアクセスができます。
仮想通貨ならビットバンク

 

ビットバンク(bitbank)のサイトにアクセスすると、メールアドレス入力欄と『新規登録』ボタンがあります。

 

 

 

メールアドレス入力後、新規登録ボタンをクリックすると、以下の画面が表示され、登録したメールアドレスに、アカウント作成確認メールが届きます。

 

 

届いたメールはこちら

 

 

 

届いたメールにあるリンクをクリックし、認証することで、アカウント作成が完了。
リンクをクリックして進めると、そのまま『個人情報登録』に進みます。

 

 

個人情報入力項目は、

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 取引の目的
  • 職業

 

アカウント作成には一般的な内容ですね。
すぐに入力できると思います。

入力が完了したら、完了メッセージが表示されます。

 

 

 

 

完了画面から、本人確認書類のアップロードボタンがあり、そのまま本人確認書類をアップロードできます。

 

 

本人確認書類は、

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード

 

が使用できるようです。

 

私は、運転免許証をもっていますので、運転免許証で本人確認書類としてアップロードしました。
アップロードが完了すると、アップロード受付メッセージが登録したメールアドレスに届きます。

 

 

アカウント審査には、1営業日ほどかかるということなので、数日待とうと思っていましたが、アカウント登録したのが、平日の昼間だったということもあり、その日中に完了メッセージが届きました。

仕事が速いですね♪

 

 

住所確認のために、転送不要の書留郵便が送られてくるということです。
このあたりも、ほかの取引所と同じような仕組みですね。

 

書留郵便を受け取れば本人確認も終了。
これで制限なくビットバンク(bitbank)取引所を利用できます。

 

ビットバンク(bitbank)の評判と使い勝手は!?

ビットバンク(bitbank)にログインを行い使い勝手を確かめてみました。

売買方式が板形式を採用しており、コインチェック(Coincheck)みたいに簡単には購入できないように見えますが、WEB画面がしっかり作られていて、ある程度ビットコインを売買したことある方には問題なく使用できます。むしろ、初心者を卒業した方なら、こちらの売買形式のほうが扱いやすいかもしれません。

 

ザイフ(Zaif)取引所の板取引は扱いにくい印象でしたが、こちらは、私にとってはわかりやすいですね。

板取引のほうが、価格がわかりやすいため価格透明性が挙がります。

ビットバンク(bitbank)は、ほかの取引所よりも価格透明性をアピールされた取引所となっています。

 

アルトコインの手数料も安いので、これからは、このビットバンク(bitbank)も活用していきたいと思っています。

 

もともとビットバンク(bitbank)アカウント作成目的の一つに、ビットコインFXを行なう予定でした。
ビットバンクトレード(bitbanktrade)とアカウントが分けられているとはおもっていませんでした。

 

今後、ビットバンクトレード(bitbanktrade)もアカウントを作成してみようと思っています。